屋根カバー工法とは?

屋根カバー工法とは、今ある屋根の上から新たに屋根を被せる屋根リフォームの事をいいます。

カラーベスト屋根と呼ばれる基本的に屋根塗装を繰り返し行う屋根に、今最も適している屋根リフォームの1つでもあります。

なぜ屋根カバー工法は求められているのか?

私たちは塗装専門店ですので、基本的に屋根塗装を求められているお客様のご依頼が多い訳ですが、その中で屋根塗装では補う事のできないカラーベスト屋根をたくさん見てきました。屋根塗装で補う事のできない理由としましては、簡単に説明させて頂きますと屋根塗装で10年持たせる事が出来るかどうかです。

ではどういった基準で屋根塗装をしても10年長持ちできないのか?

1.カラーベスト屋根自体の経年劣化です。
2.カラーベスト屋根自体の製品の問題です。
3.カラーベスト屋根の塗装後の状態です。

1、カラーベスト屋根の経年劣化。

とありますが、カラーベスト屋根の寿命は約30年といわれています。

30年を超えると直ぐに破損したりするという訳ではありませんが、年数が10年20年と経つにつれカラーベスト屋根の上下重なり部の隙間が大きく開いてきたり、屋根の交わるカ所に取り付けられた金属製の棟板金といった物を取り付ける下地である木が腐食してくる等、様々なリスクが生じてきます。

これらの現状を見ることなく屋根塗装を行っても、屋根の上下重なり部の開きは直す事ができませんし、棟板金の木下地が直るわけでもありません。近年訪れる大型台風が来た場合、屋根の開きから雨水が侵入し雨漏りを起こす可能性や、腐食した棟板金の木下地が棟板金ごと飛ばされる可能性だってあります。

2、カラーベスト屋根の製品といった問題です。

この製品の問題につきましては10年目で不具合が生じてきます。昔のカラーベスト屋根にはアスベストが含まれていましたが、皆様もご存じのようにアスベストは人体に悪影響を及ぼします。

アスベスト入りのカラーベスト屋根は割れた場合にアスベストが飛散しますので、現状は問題はありません。ですがカラーベスト屋根にアスベストを使用するのは良くないといった事から、アスベスト抜きで作った最初の方のカラーベスト屋根は製品自体にひび割れが発生するなどの問題が多くでています。

   

最も有名なものでパミールとよばれる上記のようなカラーベスト屋根は年月が経つと層間剝離(そうかんはくり)といって屋根の断層が表面にでてきます。

ミルフィーユ状になってしまい屋根がボロボロになってしまうのです、他には一見、屋根自体は普通に見えても細かなクラックが発生してきたり、屋根の上を歩いた場合に簡単にヒビ割れしてしまう等の問題があるカラーベスト屋根があります。

この様な状態では屋根の塗装を行う事は本来不可能ですが、こうした知識を知らなかったり、知っていてもお客様に屋根塗装を提案して実際に塗装を行ってしまう業者も中にはいます。

3、カラーベスト屋根の塗装後の状態です。

この話は上記の続きにもなるのですが、カラーベスト屋根を塗装する場合、本来コーキングは必要としません。

ですがヒビ割れ部にコーキングをベタベタに塗ったりすることで、カラーベスト屋根に流れ落ちる雨が正しく排出されず屋根下地を痛めてしまったり、棟板金とカラーベスト屋根に隙間にコーキングを充填することで棟板金が取り付けられる木下地の腐食を増進させるなど屋根塗装を行ったのに逆に屋根を痛めてしまうといったケースです。

その様な状態ですと、現実的な所、屋根を塗りなおしても元通りにすることは不可能です。

こうした3つの原因の内、1つでも当てはまるカラーベスト屋根というのは年々増えてきているように私自身感じています。そうした事から、今では屋根塗装を検討される方はご自身でも屋根カバー工法について調べられていることが多く「屋根カバー工法も匠さんはされていますか?」と尋ねられるケースも増えてきております。

屋根カバー工法に適している屋根材は?

リペイント匠で基本的に扱っているのは「ガルバリュウム鋼板といった金属材を使用した屋根カバー工法」です。なぜ金属製なのか?金属はさびないのか?様々な疑問があると思います。

カラーベスト屋根は1㎡あたり約25キロです。私たちが取り扱う金属屋根は1㎡あたり約7キロです。

屋根の面積を100㎡(約30坪)とした場合、カラーベスト屋根での既存屋根重量は約2.5トンとなり、屋根カバー工法を行うと約3.2トンとなります。増える重量としましては約700キロとなるので、屋根カバー工法を行った事で屋根の重量が増えるのは事実ですが、それにより屋根が傷んだりすることはございませんのでご安心ください。

次に「さびないの?」

といった疑問や不安点についてですが、リペイント匠の取り扱う金属屋根材は塗装品ではありません。

屋根表面に天然石が散りばめられた金属屋根材ですので、屋根塗装が今後必要になる金属屋根材ではなく、天然石ですので色あせの心配もございません。

また金属なのでヒビ割れ等といったカラーベスト屋根に付きものだった心配もご無用です。

施工前

施工後

屋根カバー工法のメリット・デメリット

メリット

・今ある屋根の上に新たな屋根を被せることから屋根自体が新品に生まれ変わる

・リペイント匠が取り扱う金属屋根材は製品に製造メーカー30年。美観保障に10年と実質ノーメンテナンスとなる(所有者欄に2世代にわたり保証することが可能となっております。)

・従来の金属屋根と違い将来に渡り塗装不要

・雨漏りを屋根が起こしていても雨漏りが直る。また今後も雨漏りの心配はなくなる遮熱性、断熱性、遮音性が向上される

デメリット

・既存の屋根の上から新たに屋根を被せることで屋根重量が増える(カラーベスト屋根の約三分の一重量が増える)

・工事期間が約1週間から10日と日数がかかる屋根が傷みすぎていると屋根カバー工法が不可能になります。(事前の現場調査にて判断させて頂きます。)

上記を含め、最初の無料診断の中でご提案させて頂きます。

概算費用

【屋根カバー工法費用(カラーベスト屋根の場合)】

・1㎡辺り 5,000~

屋根カバー工法のご紹介

【屋根カバー工法の施工事例です】ルーフタイルグループジャパン セネター使用

施工前です

施工前の状態です。

屋根の色あせなどは見受けらえますがカラーベスト屋根、小屋裏に登っての屋根下地合板の状態を見極めたところ、屋根カバー工法にて対応できると判断いたしました。

2、カラーベスト屋根を水洗いします。

屋根カバー工法を行う上で、最も重要でもあるのが屋根の水洗いです。屋根塗装を行うときと同様に既存屋根をきちんと洗って綺麗にしておく必要があります。

3、部分解体、屋根の粘着ルーフィングシートを貼ります。

上記写真は棟板金といった屋根の交わる場所に取り付けられた板金材を撤去します。なぜ撤去するのかといいますと、屋根カバー工法を行う際になるべく屋根表面をフラットにし障害物を無くすためです。(今あるカラーベスト屋根を新たな屋根下地という風に考えているからです)

これで屋根防水シート張りは完了です、ひとまず雨が降っても安心は出来るようになりました。水洗いをした目的は屋根のルーフィングシートの粘着を強化することが1番の目的でした。屋根カバー工法を行う際に大切な事は屋根塗装同様に下地の強化です。通常の屋根のルーフィングといった防水シートは粘着性ではありません。

なぜ粘着シートが必要なのかといいますと既存カラーベスト屋根と屋根ルーフィングの間に隙間を設けたくないからです。万が一ですが隙間があった場合、雨水が停滞し既存カラーベスト屋根を痛めてしまうからです。あとは新たな屋根材を止めつけるビスの止水性を高めるためでもあります。

4、新たな金属屋根材を葺くための下準備(軒先水切りや墨出しなど)

軒先といって屋根の先端部(屋根に落ちた雨が雨樋まで流れ落ちる場所)に軒先水切りといった部材を取り付けます。次に墨出しといって屋根の1段目を葺くための下準備を行います。

5、新たな金属屋根材を葺くための下準備2(ケラバ水切りや谷板金など)

ケラバというのは屋根の袖部分になります。雨が吹き込みやすい場所でもありますので、雨の侵入を防ぐという考えではなく雨を屋根下地内に入れず、正しく雨樋まで雨を排出するといった役割を持たせるのがケラバ水切りであります。

谷といった場所もケラバ水切り同様に雨が最も流れ落ち集まる場所ですので、谷板金といった下地を取り付け雨樋まできちんと流れるように施工します。

6、本体葺き工事のスタートです。

新たな金属屋根材を葺くための下準備で行った墨出しのラインに沿ってコロナの屋根上部を合わせます。このラインは屋根材を葺き進める上でも、とても重要な作業となります。

墨出しのラインに沿って1段目が葺き上がれば、下から順にどんどん葺いていきます。屋根の立体感もあり格好良いです(^^♪

7、屋根部材、換気棟の取り付け

1

2

1.ケラバや棟といった場所には同じ天然石付きの屋根部材を取り付けます。屋根全体に一体感がでてグッと締まる印象です。

2.屋根カバー工法を行う上で最も大切な施工が屋根の粘着ルーフィング同様に換気棟の取り付けとなります。換気棟とは棟といった屋根の頂点部に穴を開け、小屋裏に溜まった熱気や湿気を自然排出する役割があります。

屋根カバー工法を行うと断熱性や気密性も高くなる分に小屋裏の環境を整えなくてはなりません。換気棟を取り付けることにより本来の断熱、遮熱効果が発揮されます。

最後に屋根を固定しているビスの止め忘れや汚れが無いかなど、しっかり全体チェックを行います。

8、工事完了

これで屋根カバー工法が全て完了しました。

足場組立、屋根の水洗い~屋根工事完了まで約10日間でした。あとは保証書をメーカー・弊社からの保証書をお渡しして完了になります。

工事期間は10日間かかりましたが、屋根の寿命は30年以上(メーカー保証が30年。実質は50年)伸ばす事が可能となりました。またドローンで撮影している事もあり、屋根全体が見渡せるので屋根が綺麗になった事がしっかりと確認できます(#^^#)