屋根葺き替え工事とは?

屋根をリフォーム工事する際、屋根カバー工法ともう一つある「屋根葺き替え工事」

カバー工法・葺き替え工事の2つには違ったメリットデメリット、そしてどちらがいいか?を選ぶときには、屋根の現状などが関係してきます。どちらが優れている、というものではございません。

ここでは、その違いや葺き替え工事の工程・金額などをご紹介していきます。
どちらが良いか?判断できない時はお気軽にご相談してください。

屋根葺き替え工事とは?

雨漏りなでの下地の問題や耐震問題など手の施しようのなくなった場合に、この葺き替え工事をします。

ここでは屋根葺き替え工事により、どういった事が実現し、得る事が出来るのかご紹介させて頂きます。

施工前

施工後

見た目の種類は多くありますので、美観も向上し、機能性も良くなり、重量も軽くなり建物への負担を軽減いたします。

屋根葺き替え工事のメリット・デメリット

屋根葺き替え工事は屋根カバー工法に比べて

・カバー工法みたいに表面だけの工事ではありません。屋根を撤去して、耐震性の向上

・美観性の向上

・傷んでいる下地を直すなど長く住む安心感

・付加価値が付きます。

・カバー工法でよく聞かれる重量問題がない

・従来の金属屋根と違い将来に渡り塗装不要

というメリットが有ります。反面デメリットとしては

・今ある屋根材を撤去するので、処分代金がかかる(費用が高くつく)

・屋根材の撤去は音が大きくなりがちなので周辺への配慮が必要(土葺き屋根の場合は土ほこり等)
などです。

費用感について

【屋根葺き替え工事費用】

・1㎡辺り 8,000~ 

施工前です。

今回はモニエル瓦~金属屋根に変更させて頂きました。最初は塗装でご提案させて頂きましたが、今後の雨漏り、重量の関係と経年劣化が理由で葺き替え工事を選んで頂きました。

既存のモニエル瓦撤去

まず古くなった既存のモニエル瓦を撤去していきます。瓦を撤去する際は、バラバラに壊して撤去すると家の周辺に散らばりますので出来るだけきれいに撤去するように心がけています。

瓦解体後~既存桟木撤去

既存屋根ルーフィング撤去

新設屋根下地合板張り工事~下地合板完了

新たな屋根の下地として、屋根下地合板を張りました。国産JIS規格品の屋外用の耐水合板です。

粘着ルーフィング張り工事
※防水性の高い粘着ルーフィングをリペイント匠では標準仕様

下地合板を張ったら次にルーフィングを張っていきます。役割としては、雨の漏水も防ぎ、内部の湿気も排出などです。こちらのルーフィングはテープのように強力な接着になっていますので、上から新たな金属屋根を打ち付ける際の釘からの雨漏りも安心です。

屋根葺き下準備~軒先水切りの取付け

ケラバ水切りの取付け~軒先水切り同様に繋ぎ目にはコーキングでしっかり防水処理

屋根を張る前に、上のような捨てケラバ板金など重要な下地作りをしていきます。この板金の役割は万一、ここに雨水がきても雨樋までキチンと排水する役目をします。

屋根葺き工事の下準備~水糸で1枚目の屋根の基準を出し、はりだします。

綺麗に収まるように墨出しをキチンとしてから金属屋根を張っていきます。私たちが扱うのはメーカー耐久保証30年、美観保障10年という優れもの。

ドンドン屋根を葺いていきます

板金などの取り付け

タッチアップ処理~屋根葺きの1段目などビス頭に防水処理を施し、天然石チップにて美観処理

各種板金などを取り付けて完了です。

ビフォーアフター

これですべての屋根葺き替え工事が完了しました。工事期間は日本瓦めくり・土撤去含めて全部で12日間で工事は完了できました。

分かりにくいことや疑問などありましたら「ホームページみたよ」とお気軽にお電話してください。